15年6月24日 

本番が近付いてきており、公演前の最後のふくしま訪問に行ってまいりました。
 
福島の浜通りを、車で北から国道6号線で南下していくと
浪江~双葉~大熊~富岡と各町を突き抜けていきます。
 
今回はこれらの地域での様々な「除染」作業を見てきました
 
除染1
国道沿いに 「除染作業中」ののぼりが所々に立っています。(大熊町)
これは道路沿いの崖斜面を草刈りをする様に、壁の土を削りながら作業を
している様子です。とても時間がかかりそう…。
この作業員一人の手作業に、交通整理作業員4人他数人の運搬、清掃作業
の人たちが関わっています。
どこかの首相が、「原発事故で多くの雇用を創出している」 などと言いそう
ですね…。
 
除染2
除染した土がいたる所に積み上げられています。(富岡町)
除染の為に削られた土を袋詰にして積み上げた場所が、何故「除染中」
なんだろう…?
 
 
看板
私達人間はあなたに出会いたくなかった… 感謝しません!
 
1954年水爆ブラボーで被ばくしたロンゲラップ島民は、たった3年で
何の科学的根拠もない「安全宣言」のもと放射能が強く残る島へ帰島させられました。

島を脱出して30年、「除染した」と言われるロンゲラップ島に再び帰島を迫られて
いる島民達は、その言葉を信じてはいません…。
 
「私達の家はどこにもないわ…」
「アメリカが全てクリーンナップ(除染)した…と言ってたわ」
「でも…何だか島の様子がおかしいわ…」 

※ 舞台「ふるさとはポイズンの島」 2幕「3年ぶりの帰島」より